Альфред Гарриевич Шнитке



アリフレート・ガーリエヴィチ・シュニトケ 1934〜1998


両親はユダヤ系ドイツ人。彼が生まれる前にロシアのサラトフ州に移住する。
少年時代ウィーンで三年間、帰国後はモスクワ音楽院で音楽を学ぶ。


音楽院卒業後は母校の教授となり、1960年代から本格的に作曲活動を始める。後半からは数多くの映画音楽を手がけ、地位を築く。1969年の交響曲第1番に代表される前衛的手法、パロディー、ジャズの手法を取り入れた作品で国内は勿論海外でも注目される。
80年代に入ると"多様式主義 polystylism"を称える。
89年からはドイツに定住。晩年は大病を患いながらも作曲を続けた。
初期は前衛的だったがその後は宗教に題材を求めたり、作風はかなり内省的になったように思う。鍵盤楽器(ハープシコード、チェレスタなど)を使った曲が多いのも特徴といえよう。


1998年8月3日死去。彼が遺した作品は私の知っている限りで200曲以上。


[CD及び演奏会では・・・]
CDは輸入版だがBISレーベルが充実している。交響曲や協奏曲の類は抑えている。
五線譜をアレンジした
デザインが目印。輸入版を扱ったレコード店では必ず見つかるはず。
対抗馬はCHANDOS。こちらも声楽、室内楽曲等の面ではかなり揃ってある。
国内版としてはヴィオラ奏者のユーリ・バシュメットが演奏したRCAレーベルのCDがある。
また、シュニトケ死去の少し前に発売されたクロノス・クァルテット演奏による弦楽四重奏曲全集は、日本語解説付で発売されている。


演奏会については、上記のバシュメットが来日した際にはヴィオラ協奏曲がよく演奏される。
また、モスクワ・ソロイスツのメンバーと演奏する際のレパートリーの中の"モノローグ"という曲に注目して頂きたい。(いずれもRCAのCDに収められている。)
クロノス・クァルテットも最近はよく取り上げている。
ショスタコーヴィチの"鼻"の上演で知られるモスクワ・シアター・オペラも"愚者との生活"を日本で初演したはずである。
最近は日本人による演奏機会が多くなったようだ。協奏曲や室内楽曲(ピアノ五重奏曲など)の方面が中心で、交響曲や声楽を伴う作品はまだまだのようだ。ショスタコーヴィチでも声楽作品とかが日本で日の目を見るようになったのはつい最近のことだから、無理も無いか。2010年頃からフィギュアスケートの浅田真央選手が使用しているらしい。

gr.png


主要作品



CD紹介

1.交響曲

2.ヴァイオリン・チェロ・ヴィオラ協奏曲
3.ピアノ協奏曲・合奏協奏曲
4.歌劇・舞踊音楽・映画音楽
5.声楽曲
6.ピアノが絡んだ室内楽曲
7.ピアノが絡んでない室内楽曲


LPレコード紹介
Musical Offering


DVD紹介
苦悶(ロマノフ王朝の最期)


書籍紹介
群像社刊:シュニトケの無名時代








[紹介している作品] ※ 編曲したものも多いので一緒にしている場合があります。
(全て私のコレクションですが、この他にもまだ出回っています。)

ついでながら、CDに登場する演奏家として名を挙げるべき人物は
指揮者 セーゲルスタム(BISのCDに登場、作曲家としても活動)、ポリャンスキー(こちらはCHANDOS)、ロジデストヴェンスキー、ロストロポーヴィチ、
演奏家 バシュメット、クレーメルといったところか。
BISは北欧系のレーベル故に北欧系の楽団が多く、CHANDOSはロシア系が多い。

back.pngcounter