NINJA TOOLS

Александр Васильевич Мосолов



アレクサンドル・ヴァシリエヴィチ・モソロフ 1900〜1973

私が好きな洋菓子メーカーの"モロゾフ"とは関係ない。

1920年代に活躍したロシアの作曲家。「現代音楽協会」のメンバーとして精力的に活動、アヴァンギャルドの代表格として知られた。しかしスターリン体制強化につれモソロフの地位、そして生命までも脅かされるようになる。
自由な芸術はもはや反革命の名の下に葬り去られようとしていた。


演奏機会は減り、地方へ左遷、作曲家同盟からも除名され挙げ句の果てに逮捕される。
釈放され粛清されずに済んだが作風の転換を余儀なくされ、以後は体制的な合唱曲、例えば
コルホーズ万歳とか農村は明るいなみたいな類の曲ばかり書いた。書かざるを得なかった。
優秀な才能が体制によって葬られた、一つの例である。



[CD及び演奏会では・・・]
今日耳にすることができるのはわずかなものである。作風転換後の合唱曲等は今後二度と
ロシアでも歌われることはないだろう。
数少ない中で最も有名なのは"鉄工場"。短いが強烈である。国内版でも入手可能。
最近TRITONレーベルから作品集が発売された。(今は見かけない。)


輸入版も滅多に見かけない。ロシア系のメロディアレーベルなどを探してみるのがいいだろう。
コンサートのプログラムに彼の名を見つけることはないだろう。"鉄工場”にしてもアンコールか
オープニングぐらいにもってくるしかないほどの小品なので。


ただ意外や意外、映画「ダイハード3」のワンシーンに流れていたりするから世の中分からない。

gr.png


主要作品 及びCD紹介

私の所有する2枚のCDよりご紹介。


back.pngcounter